神奈川県庁 (キング)

神奈川県庁 (キング)

関内・日本大通り地区の塔のある建物はトランプになぞらえ、神奈川県庁本庁舎“キング”、横浜税関“クイーン”、横浜市開港記念会館“ジャック”の「横浜三塔」と言われ、古くから愛されています。ここキングは関東大震災後の1928(昭和3)年10月に四代目の神奈川県庁舎として建てられ、鉄筋コンクリート造り地上5階地下1階建てで、その中央部には建物のシンボルである「キングの塔」が立ち上がっています。スクラッチタイルと独自の幾何学模様の装飾からなる外観は、当時流行していたアール・デコ様式の影響を感じさせるとともに、五重塔をモチーフとしたとされる塔は、和風意匠を用いた「帝冠様式」建築の先駆的事例とも言われています。

神奈川県庁 (キング)
アクセス ・JR京浜東北・根岸線
 「関内駅」より徒歩10分
・横浜市営地下鉄ブルーライン
 「関内駅」より徒歩10分
・みなとみらい線
 「日本大通り駅」県庁口出口からすぐ
HARE-TABIからは徒歩10分の距離!
住所 〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1
URL http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/spot/details.php?bbid=186
スタッフ情報

キング、クイーン、ジャック3塔を一度に見られるスポットを巡ると願いが叶う「横浜三塔物語」は浜っ子には有名な伝説。「赤レンガパーク」「日本大通り」「大さん橋」の3箇所をめぐることで、様々な角度から横浜3塔を楽しみながらお願い事をしちゃいましょう。皆さんは何を願い事しますか?