三渓園

三渓園

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)に公開された日本庭園です。国の重要文化財建造物10棟、横浜市指定有形文化財建造物3棟を含め、京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置され、広大な敷地の起伏を生かした庭園との調和がはかられています。

三渓園
アクセス ・JR京浜東北・根岸線
 「桜木町駅」より横浜市営バス8/148系統 約25分「三溪園入口」下車、徒歩5分

HARE-TABIからはバス停「中華街入口」から横浜市営バス8系統 本牧車庫前行 に乗って18分(13駅)「桜道」で下車、徒歩3分です。
住所 〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58
URL https://www.sankeien.or.jp/